ウルセン日記

80年代90年代アイテム、ガンダム、模型、玩具全般、、コレクション、食べ物のブログです。

旧キット 1/144 ガンダム レビュー

 

こんにちわ!!ウルセンです!!

 

今回は懐かしのキット、1/144ガンダムを紹介します!

ガンプラ第一号、元祖ガンプラですね~。

今回は全塗装しての紹介です。私は基本、ガンプラはツヤ消しで仕上げます。

ジオン系の曲線ラインが美しい機体などは光沢仕上げにすることもありますが、

基本はツヤ消しです。しかもかなりツヤを消します。

f:id:urusen:20190204144158j:image

これが完成品になります。どうですか?塗装はアニメ設定色になるべく近づけつつ自分流のカラーにしました。やはり古いプラモデルですね。ポーズをとろうとしても、こんなのが限界です。。でも、これがいいんですよねぇ。。
f:id:urusen:20190204144143j:image

このシリーズのボックスアートは素敵です。MSVシリーズの次に好きです。

Zシリーズも80年代感があって好きです。
f:id:urusen:20190204144150j:image

この箱サイドもかなりカッコイイデザインですね。

これは再販の物なんですけど、当時このガンダムガンプラ第一号)は「ベストメカコレクション」というプラモデルシリーズ(色んなアニメ、漫画のメカがある)からの発売だったんですよね。
f:id:urusen:20190204144154j:image

スタイル、形状はアニメ設定なのか?アニメよりはスタイリッシュな感じがします。

合わせ目消し以外は一切手を加えていません。というか合わせ目消しが大変すぎます。

昔のプラモだから、うまくパーツ同士がはまんなかったり、隙間ができたりして大変です。かなり気力を消耗します。。で、昔から不思議に感じているんですが、こういった旧キットのプラスチックって、接着剤塗ると簡単に溶けますよね??まあ合わせ目消しを接着剤でやる場合は嬉しいんですけど。最近のプラモデルのプラスチックって、ここまで簡単に溶けないですよね??硬さも最近の物のほうが硬いような気がします。単純にパーツの厚さの問題なんでしょうか?。。まあどうでもいいか。。
f:id:urusen:20190204144139j:image

 合わせ目消しは地獄でしたが、それ以上に地獄なのが塗装です。

そう、塗装。パーツが分割されてないからマスキング地獄なんです。筆塗りも必要になってきますし、かなり難易度高いですわ。。

f:id:urusen:20190204144219j:image

この上半身は一つのパーツです。。。。(正確には前後で1つずつですが)

これをホワイト、イエロー、ブルー、レッドで塗り分ける。正直難しいです。筆で塗ると間違い無くはみ出ます。。マスキングテープ貼るのも技術が必要です。塗り分けラインが明確になってなかったり消えてたりするから。。。古いキットは造りも粗いですから。。このガンダムはマスキングしてエアブラシ塗装で仕上げました。股間部分のレッドの中の黄色い謎のマーク?部分のイエローは筆で仕上げましたが。。あと顔のイエローとレッドの箇所も筆ですね~。
f:id:urusen:20190204144229j:image

シンプルなデザインでカッコイイです。

前述した合わせ目消しですが、前腕部分が失敗してます。どうしても段差が出来てしまいます。一方をぴったり合わせると反対側がズレるとか。。パテとかで綺麗に処理してやるのも良いですが、そこまでする気力がありません。。「まあいっか」ってなっちゃいます。。
f:id:urusen:20190204144225j:image

後なんかは合わせ目消しを完全に放棄しています。。
f:id:urusen:20190204144234j:image


f:id:urusen:20190204144239j:image

このような旧キットは今回書いたように造りが粗く説明書通り組んでも上手くはまらない、ゆるい等が結構あります。そして合わせ目がかなり目立つので処理しなければなりませんし、塗装も難しいので現在のガンプラに比べると難易度は高いです

現在のMGとかPGとかは私は難易度が高いとは思いません。むしろ難易度は低いと思っています。「難しい」ではなく、パーツ数が多すぎて「面倒、時間が掛かる」だと思っています。基本説明書通りに組めば、時間は掛かるけど高いクオリティで完成することが出来ます。塗装にしても、現在のガンプラは今回の旧キットのようにカラー毎にパーツが分割されているので塗装がはみ出たりすることはありません。

このように旧キットは何かと手がかかってしまいます。しかしそれも味なのでしょう。模型を作っているというのが感じられます。間接などの稼動範囲を広げるためにあれこれ改造を加えたり等、今となっては必要の無い行為をして楽しむのもいいでしょう。

そして、それなりに鑑賞に堪えられるようにするには塗装は必須になります。

成型色は一色です。良くて2色。このガンダムは白一色でした。。

現在の子ども達、特にガンプラを作っている子どもには是非作ってもらいたいキットですね。昔はこんなのだったんだよと。。。

f:id:urusen:20190205154108j:image

 ※現在のガンプラと比較

左はHGUCガンダムG-30th。

 

でわまたっ!!!

 

 

urusen.hatenablog.jp

 

 

urusen.hatenablog.jp